紫外線対策であったりシミを解消するための上質な美白化粧品ばかりがこぞって話題の種にされるイメージが強いですが…。

ひどい肌荒れが発生した場合には、メイク用品を使用するのをいったんお休みして栄養素をたくさん摂り、夜はぐっすり眠って外側と内側より肌をケアしてください。
インフルエンザ対策や季節の花粉症などに利用されるマスクが要因で、肌荒れを引き起こす人もめずらしくありません。衛生面を考慮しても、一度装着したら廃棄するようにしましょう。
汚れを落とす洗浄力が強いボディソープを利用していると、肌の常在菌まで全部除去することになってしまい、かえって雑菌が蔓延って体臭につながってしまうことがあると認識しておいてください。
無理なダイエットは慢性的な栄養不足に陥るため、肌トラブルの原因となるおそれ大です。ダイエットと美肌ケアを両立させたいのであれば、過激な食事制限を実行するのではなく、無理のない運動で脂肪を減らしていきましょう。
人は性別によって皮脂が出る量が違うのを知っていますか。中でも30代後半〜40代以降の男の人は、加齢臭対策専用のボディソープの利用を勧奨したいですね。

紫外線対策であったりシミを解消するための上質な美白化粧品ばかりがこぞって話題の種にされるイメージが強いですが、肌のコンディションを良くするには十分な睡眠が必要だと断言します。
いつも血行が悪い人は、ぬるま湯で半身浴を励行して血流を促進しましょう。血行がスムーズになれば、肌のターンオーバーも活性化されますので、シミ予防にも有用です。
お肌の曲がり角を迎えても、まわりから羨ましがられるような若々しい肌をキープしている人は、それなりの努力をしています。殊更身を入れたいのが、朝晩のスキンケアの基本となる洗顔です。
食習慣や就眠時間などを改善したというのに、ニキビや赤みなどの肌荒れを繰り返してしまう人は、専門施設に出向いて、お医者さんの診断を抜かりなく受けた方がよいでしょう。
男性の場合女性と違って、紫外線対策を実施しないうちに日に焼けてしまうことが多々あるので、30代になったあたりから女性のようにシミの悩みを抱える人が多くなります。

料金の高いエステティックサロンに足を運ばずとも、化粧品を用いなくても、入念なスキンケアを実施すれば、いつまでも若い頃と同じハリとツヤをもつ肌を持続することができると言われています。
年がら年中降り注ぐ紫外線は肌の弾力を奪い、しわ・シミを作り出す元になり得ますので、それらを防御してハリツヤのある肌をキープするためにも、肌に日焼け止めを役立てると良いでしょう。
若い時代にはあまり目立たなかった毛穴の黒ずみが気になってしょうがなくなってきたという時は、肌が弛み始めてきた証と言えます。リフトアップマッサージに取り組むことで、たるんだ肌を改善していただきたいです。
厄介なニキビが現れた際に、ちゃんとしたお手入れをせずにつぶすと、跡が残ってしまう上色素沈着し、結果としてシミができることがあるので要注意です。
洗顔をしすぎると、ニキビケアになるどころかニキビの状態を悪くすることをご存じでしょうか。洗顔によって皮脂を落としすぎると、その分皮脂がたくさん出て毛穴がつまってしまうためです。

まじめにエイジングケアに取りかかりたいのならば…。

肌のターンオーバーを活発化させることは、シミのお手入れの必須要件だと言えます。温かいお風呂にじっくり入って血流を促すことで、皮膚の新陳代謝を活性化させましょう。
大半の男性は女性と異なって、紫外線対策を実施しないうちに日に焼けてしまうケースが多いため、30代を過ぎる頃になると女性と変わることなくシミの悩みを抱える人が多くなります。
負担の大きいダイエットは常態的な栄養不足につながりやすいので、肌トラブルの原因となります。シェイプアップと美肌作りを両立させたいと願うなら、過激な食事制限を行うのではなく、無理のない運動でダイエットしましょう。
しっかりベースメイクしてもカバーすることができない年齢からくる毛穴トラブルには、収れん化粧水というネーミングの肌を引き締める効果のある化粧品を用いると良いと思います。
気になる毛穴の黒ずみも、ちゃんとしたお手入れをしていれば改善させることができます。地道なスキンケアと毎日の生活習慣の見直しで、皮膚のコンディションを整えてみましょう。

ナチュラルな状態にしたい場合は、パウダー仕様のファンデーションが合うかと思いますが、乾燥肌の方がメイクアップする場合は、化粧水などのスキンケアグッズも有効に使用して、入念にお手入れすることが大切です。
まじめにエイジングケアに取りかかりたいのならば、化粧品だけを用いたケアを続けるよりも、もっとレベルの高い治療法で根本的にしわを取り除くことを考えてはどうでしょうか?
たびたび顔にニキビができる人は、食事の改善は当然のこと、専用のスキンケア商品を利用してケアするべきです。
顔や体にニキビが出現した時に、しかるべき方法でお手入れをしないまま放置してしまうと、跡が残るほか色素沈着して、遂にはシミが出てきてしまうことがあるので注意が必要です。
いつもシミが気にかかる時は、専門クリニックでレーザー治療を施すことをおすすめします。治療に要される費用は全額自腹となりますが、きっちり目に付かなくすることができます。

昔は意識する必要のなかった毛穴の黒ずみが気になって仕方なくなってきたならば、肌が弛緩してきた証だと考えるべきです。リフトアップマッサージによって、たるんだ肌をケアした方が良いでしょう。
毛穴のプツプツ黒ずみを取り除きたいからと言って強めに洗うと、肌が荒れてしまって逆に皮脂汚れがたまりやすくなるのに加えて、炎症を発症する要因になるおそれもあります。
ニキビなどの肌荒れが生じてしまった時は、化粧を施すのを少し休んで栄養を豊富に摂り、ばっちり睡眠をとって外側と内側の両面から肌をケアすることが大事だと言えます。
費用をそんなに掛けずとも、高品質なスキンケアを実行することは可能です。適度な保湿や紫外線対策、栄養豊富な食事、適切な睡眠は最高の美肌法と言えるでしょう。
厄介なニキビができた場合は、焦らず十分な休息を取った方が良いでしょう。よく皮膚トラブルを繰り返すような人は、毎日のライフスタイルを再検討してみましょう。

食事やサプリメントを摂ることでコラーゲンを補給しても…。

洗顔をする際は市販の泡立てネットなどの道具を使い、必ず石鹸を泡立て、大量の泡で肌にダメージを与えないよう優しい手つきで洗顔するようにしましょう。
乾燥肌に頭を悩ましている人は、セラミドやヒアルロン酸のような保湿成分が十分に含有されているリキッドファンデーションを中心に利用するようにすれば、さほどメイクが落ちずきれいな状態をキープすることができます。
美麗な白い肌を自分のものにするには、単純に色を白くすれば良いというわけではないので注意が必要です。美白化粧品に任せきりにせず、身体内からも主体的にケアすべきです。
肌が持つ代謝機能を成功かできれば、無理なくキメが整い透き通った美肌になると思われます。開いた毛穴や黒ずみが気になるという人は、日頃の生活習慣を改善した方が賢明です。
40代を超えても、人から羨まれるような美肌を保持している女性は、相応の努力をしているはずです。一際重点を置きたいのが、朝夕に行う入念な洗顔だと思います。

ばっちりベースメイクしても対応できない老化による毛穴トラブルには、収れん用化粧水という名前の皮膚をきゅっと引き締める効果が期待できる化粧品を使用すると効果が期待できます。
ボディソープを選択する時の基準は、使い心地がマイルドということに尽きます。毎日の入浴が欠かせない日本人の場合、諸外国の人と比べて肌がさほど汚れないので、強力な洗浄力は必要ないと言えます。
食事やサプリメントを摂ることでコラーゲンを補給しても、そのすべてが肌に用いられるというわけではありません。乾燥肌の人の場合は、野菜や肉類もバランスを考慮して食べることが大切なポイントです。
日常的にほおなどにニキビができる人は、食生活の改善にプラスして、ニキビ肌専用のスキンケア品を取り入れてケアするべきだと思います。
スキンケアと申しますのは、高額な化粧品を買えば良いとは言えないのです。自分の肌が今の時点で求めている栄養成分を補給してあげることが何より大事なのです。

頬やおでこなどにニキビが発生した際に、効果的な処置をしないでつぶしてしまったりすると、跡が残るのみならず色素沈着して、結果としてシミが現れてしまうことが多々あります。
肌が過敏な状態になってしまった際は、メイクアップ用品を使うのをちょっとお休みするようにしましょう。それと同時に敏感肌向けに開発された基礎化粧品を利用して、じっくりお手入れして肌荒れをしっかり治すよう心がけましょう。
汚れに対する洗浄力が強力過ぎるボディソープを使用していると、皮膚の常在菌まで洗浄してしまうことになり、それが元で雑菌が増えて体臭を誘発する可能性があります。
腸内環境が悪い状態になると腸内細菌の均衡が崩壊し、便秘や下痢などの症状を繰り返すようになってしまいます。便秘になってしまうと口臭や体臭が強くなり、肌荒れの症状を引き起こす主因にもなるので注意が必要です。
毛穴の黒ずみを取り除きたいからと言ってガシガシと強くこすり洗いすると、肌が荒れてしまって余計に皮脂汚れが堆積しやすくなりますし、その上炎症を誘発する要因にもなるおそれ大です。

料金の高いエステティックサロンに足を運ばずとも…。

ボディソープを選ぶ時に確かめるべき点は、使用感がマイルドか否かということです。毎日のお風呂が欠かせない日本人の場合、外国人に比べてそれほど肌が汚れることはありませんので、強すぎる洗浄力は必要ないのです。
敏感肌の人は、問題なく使用できる基礎化粧品を探り当てるまでが骨が折れるのです。けれどもケアを怠れば、かえって肌荒れが悪化する可能性が高いので、コツコツと探すことが大事です。
サプリメントとか食事を通してコラーゲンを補充したところで、全部が全部肌に使われるわけではないのです。乾燥肌の人の場合は、野菜や果物から肉類までバランスを考慮しながら食べるようにすることが大切なポイントです。
皮脂分泌量が過剰だからと、毎回の洗顔をし過ぎてしまうということになると、肌をガードするのに欠かすことができない皮脂も一緒に取り去ってしまい、これまで以上に毛穴が汚れやすくなります。
「お湯が熱くなければお風呂に入った感じがしない」と高温のお風呂に長く入る人は、皮膚を守るために必要となる皮脂までも取り除かれてしまい、しまいには乾燥肌になってしまいます。

何もしてこなければ、40代以降から徐々にしわが目立つようになるのは至極当然のことでしょう。シミができるのを阻止するには、平生からの心がけが必要不可欠です。
毎日の食習慣や就眠時間を見直しても、肌荒れの症状を繰り返すようなら、スキンクリニックなどを訪ねて、お医者さんの診断をきちっと受けるよう心がけましょう。
仕事や人間関係が変わったことで、如何ともしがたいストレスや不満を感じることになりますと、徐々にホルモンバランスが悪化してしまい、しつこい大人ニキビが生まれる原因になるおそれがあります。
10代の思春期にできるニキビとは違い、成人になってからできるニキビの場合は、肌の色素沈着やクレーター的な跡が残る確率が高いため、より念入りなケアが欠かせません。
もしニキビができてしまった際は、まずはたっぷりの休息をとることが重要です。短いスパンで肌トラブルを起こす場合は、毎日の生活習慣を見直してみることをおすすめします。

料金の高いエステティックサロンに足を運ばずとも、化粧品をあれこれ使わなくても、丁寧なスキンケアを実施すれば、時間が経過しても若い頃と変わらないハリとうるおいのある肌を保持することが可能なのです。
もしもニキビ跡ができた場合でも、とにかく長い目で見て入念にスキンケアすれば、凹んだ部位を目立たないようにすることが可能だとされています。
髪のお手入れに使用するシャンプー・トリートメントと体を洗うのに利用するボディソープは、シリーズを合わせてラインナップする方が満足度がアップします。アンバランスな匂いがする製品を使った場合、それぞれの匂いが喧嘩してしまうためです。
紫外線対策とかシミを取り除くための上質な美白化粧品だけが話題の的にされているわけですが、肌の状態を良くするには良質な睡眠が不可欠です。
コスメを用いたスキンケアのやり過ぎは逆に肌を甘やかすことにつながってしまい、肌力を弱体化してしまう可能性があると言われています。女優のような美しい肌になるためにはシンプルなスキンケアが一番と言えるでしょう。

男性の場合女性と比べて…。

食事の質や就寝時間を見直してみたのに、幾度も肌荒れを繰り返してしまうというときは、皮膚科などのクリニックに出向いて、ドクターの診断をきちっと受けることが肝要です。
男性の場合女性と比べて、紫外線対策を実施しないうちに日焼けしてしまうことが多々あるため、30代になったあたりから女性と変わることなくシミに思い悩む人が多くなります。
紫外線や強いストレス、乾燥、食生活の乱れなど、私たち人間の皮膚は多くの要因から影響を受けていることは周知の事実です。基本とも言えるスキンケアを地道に継続して、美麗な素肌を作り上げましょう。
天から降り注ぐ紫外線は肌のハリを減退させ、しわ・シミを作る原因になってしまうので、それらを抑止してツヤのある肌を保つためにも、肌に日焼け止めを使うことが大事だと断言します。
サプリメントや食事によってコラーゲンを補給しても、それ全部が肌に用いられるとは限りません。乾燥肌体質の方は、野菜や魚介類なども均等に食べることが必要です。

年を取るにつれて気になってくるしわを改善したいなら、マッサージをするのが効果的です。1日数分のみでも適切なやり方で顔の筋トレを実施して鍛えることで、たるんだ肌を着実にリフトアップすることが可能です。
黒ずみもなく肌に透明感がある人は清浄感がありますから、周囲の人に良い印象を与えることでしょう。ニキビに悩んでいる方は、丹念に洗顔をして予防することが大切です。
ダイエットのしすぎは日常的な栄養不足に陥りやすいので、肌トラブルの原因となる可能性大です。痩身と美肌を両立させたいと望むなら、過激な断食などにトライするようなことは止めて、積極的に体を動かして痩せることをおすすめします。
ニキビや腫れなどの肌荒れが起きてしまった場合は、メイクをするのを少しお休みして栄養素をたくさん摂取し、良質な睡眠をとって外と内から肌をいたわりましょう。
輝きをもった白肌を手に入れるには、美白化粧品を使用したスキンケアを続けるだけでなく、食事内容や睡眠、運動量といった項目を見直してみることが必須です。

洗顔をしすぎると、ニキビケアに役立つどころかニキビの状態を悪くする可能性があります。洗顔によって皮脂をとりすぎた場合、その反動で皮脂が多量に出てしまうのです。
普段から辛いストレスを感じていると、自律神経の働きが悪化してきます。アトピーとか敏感肌の要因にもなるので、なるたけライフスタイルに工夫をこらして、ストレスと上手に付き合っていく方法を模索するようにしましょう。
一般用の化粧品を塗布すると、赤みが出たりピリピリして痛みを感じてしまうのならば、肌への刺激が少ない敏感肌向けの基礎化粧品を用いましょう。
おでこに出てしまったしわは、そのままにしていると徐々に劣悪化し、消すのが不可能になってしまいます。初期の段階で正しいケアをすることが重要なポイントとなります。
香りが華やかなボディソープを用いると、フレグランス不要で体自体から良いにおいをさせられますから、身近にいる男の人にすてきな印象を抱かせることができるはずです。
お役立ち情報です⇒化粧水 40代

美しい白肌を実現するには…。

洗顔をやり過ぎると、実はニキビの状態を悪くするおそれがあります。汚れと共に皮脂を除去しすぎると、反動によって皮脂が多く分泌されて毛穴のつまりが発生してしまうからです。
肌荒れが原因で、ピリピリ感を覚えたり赤みが出てきたという場合は、皮膚科で治療を行なった方が賢明です。敏感肌がひどくなったら、すぐに専門の医療機関を訪れることが大切です
しっかりとエイジングケアに取り組みたいと言うのであれば、化粧品だけを活用したお手入れを続けるよりも、もっと上のレベルの高い治療を用いて徹底的にしわを消失させることを検討しましょう。
黒ずみのない白い美麗な肌を目指したいなら、高額な美白化粧品にお金を費やすよりも、日焼けを防げるように紫外線対策に頑張るのが基本です。
良いにおいのするボディソープを用いると、わざわざ香水をつけなくても全身から豊かな香りを発散させることが可能ですから、多くの男の人に魅力的な印象を与えることができるのでうまく利用しましょう。

普通肌用の化粧品を塗布すると、皮膚が赤みを帯びてきたりとかチリチリして痛みを感じるのであれば、肌に刺激を与えにくい敏感肌向けの基礎化粧品を使いましょう。
便秘がちになると、老廃物を排泄することができず、そのまま体の内部に滞留してしまうことになるので、血液を通して老廃物が体中を巡り、ニキビなどの肌荒れを誘発するのです。
女優やモデルなど、すべすべの肌を保ち続けている方のほとんどはごくシンプルなスキンケアを行っています。ハイクオリティな製品を選んで、簡素なケアを念入りに行うことが成功のポイントです。
美しい白肌を実現するには、単純に色白になれば良いというわけではありません。美白化粧品に頼るのみでなく、体の中からもケアしましょう。
敏感肌の方は、問題なく利用できるスキンケア化粧品を見つけ出すまでが簡単ではないのです。ですがケアをしなければ、余計に肌荒れがひどくなる可能性が高いので、頑張って探すことが大事です。

汚れに対する洗浄力が強力すぎるボディソープを使用していると、皮膚の常在菌もろとも取り去ってしまうことになり、むしろ雑菌が増えて体臭を誘発する可能性があります。
強いストレスを抱え続けると、ご自身の自律神経のバランスが乱れることになります。アトピーだったり敏感肌のきっかけになるおそれもあるので、なるべく生活に工夫をして、ストレスと上手に付き合っていける手段を模索するようにしましょう。
敏感肌持ちの方は、メイクする際は気をつけてほしいことがあります。ファンデーションと比較して、クレンジングの方が肌に悪影響を及ぼす場合が多いと言われているため、しっかりとしたベースメイクは控えるようにしましょう。
黒ずみやたるみが気になる毛穴を改善したい人は、毛穴を引き締める効き目があるエイジングケア専用の化粧水を積極的に使用してお手入れしてみましょう。肌トラブルの元になる汗や皮脂の産生そのものも抑止することができます。
栄養バランスの良い食生活や適切な睡眠を取るなど、日々の生活スタイルの見直しに着手することは、最も費用対効果が高く、確実に効果を感じられるスキンケア方法と言えるでしょう。
お役立ち情報です⇒http://xn--60-df3c52n9mc775h.xyz/

10代の単純なニキビとは異なり…。

顔の毛穴の黒ずみを取り除きたいからと言って無理に洗顔したりすると、皮膚が傷ついてかえって汚れが蓄積してしまうことになりますし、その上炎症の要因になる可能性もあります。
人間の場合、性別によって皮脂が出てくる量が異なるのをご存じでしょうか。なかんずく40歳以降の男の人は、加齢臭防止用のボディソープの使用を推奨したいですね。
年を取っても弾力があるうるおい素肌をキープするために絶対必要なことは、高級な化粧品ではなく、シンプルであろうともちゃんとした方法で日々スキンケアを実施することです。
もし肌荒れが起こってしまったら、メイク用品を利用するのをちょっとお休みして栄養分を積極的に摂るようにし、十分に眠って中と外から肌をケアしてください。
「高温のお湯でなければ入浴した感じがしない」と高温のお風呂に何分も入る人は、肌を守るために必要となる皮脂も流れてしまい、最終的に乾燥肌になってしまう可能性があります。

ファンデを塗るのに使う化粧用のパフは、定期的に手洗いするかマメに交換することをルールにすると決めてください。パフが汚れていると雑菌がはびこって、肌荒れを起こす主因になるおそれがあるためです。
何もしてこなければ、40代に入った頃からじわじわとしわが増えてくるのはしょうがないことです。シミを防ぐためには、習慣的なストイックな努力が必要不可欠です。
すてきな香りを醸し出すボディソープは、フレグランスを使わなくても体中から良い香りを発散させることができるので、多くの男性に魅力的なイメージをもってもらうことが可能なのです。
10代の単純なニキビとは異なり、20代を過ぎてできたニキビは、赤っぽいニキビ跡や大きなクレーターが残りやすいことから、より入念なお手入れが大事です。
大人ニキビができた際に、的確なお手入れをしないまま放置してしまうと、跡が残って色素が沈着してしまい、その部分にシミができる可能性があります。

負担の大きいダイエットで栄養が不足しがちになると、若い人であっても肌が衰えてボロボロの状態になってしまいます。美肌を作るためにも、栄養は抜かりなく摂るようにしましょう。
アイシャドウのようなアイメイクは、ささっと洗顔をした程度では落とし切ることができません。ポイントメイクに特化したリムーバーを使用して、しっかり落とすことが美肌を作り上げる早道でしょう。
ストレスに関しましては、敏感肌を進展させ肌トラブルを起こしやすくします。効果的なお手入れを行うのと並行して、ストレスを発散させて、限界まで抱え込まないようにしましょう。
美白化粧品を利用してお肌のケアをすることは、確かに美肌作りに優れた効き目が見込めるのですが、まずは肌の日焼けを防ぐ紫外線対策を入念に実施すべきだと思います。
高額なエステサロンに通わずとも、化粧品を用いたりしなくても、適切な方法でスキンケアをやっていれば、時間が経っても輝くようなハリとツヤをもつ肌を保持することが可能とされています。
お役立ち情報です⇒スキンケア大学 スキンケア講座

一日に摂りたい水分の量はだいたい1.5L〜2Lです…。

ビジネスやプライベート環境が変わったことで、急激な緊張やストレスを感じてしまうと、ホルモンのバランスが悪くなってしまい、厄介なニキビが発生する主因になると明らかにされています。
ファンデーションを塗るのに使用する化粧用のスポンジは、定期的に手洗いするかちょくちょく取り替える習慣をつけることを推奨します。汚れたものを使い続けると雑菌が増加して、肌荒れを発症する誘因になるおそれがあるからです。
敏感肌に悩まされている方は、自分の肌に適した基礎化粧品を発掘するまでが大変とされています。そうであってもケアを続けなければ、一層肌荒れがひどくなってしまうので、根気強くリサーチしましょう。
コスメを使用したスキンケアが過剰になると皮膚を甘やかし、ひいては肌力を弱くしてしまう可能性があるようです。女優のようなきれいな肌を目標とするなら質素なお手入れが最適と言えるでしょう。
ケアを怠っていれば、40代を超えたあたりから日に日にしわが増加するのは当たり前のことでしょう。シミができるのを防止するには、日々の心がけが重要なポイントだと言えます。

サプリメントとか食事を介してコラーゲンを補充しても、全量肌に与えられるというわけではありません。乾燥肌体質の方は、野菜や魚介類、そして肉類もバランスを優先して摂取することが必要です。
黒ずみのない白肌になりたいのであれば、値段の高い美白化粧品にお金を消費するよりも、日焼けを避けるためにちゃんと紫外線対策を導入する方が得策です。
一般人対象の化粧品を利用すると、赤みを帯びたりチリチリと痛んできてしまうようなら、刺激を抑えた敏感肌用の基礎化粧品を使用した方が良いでしょう。
「お湯が熱くなければ入浴したという満足感がない」と言って、熱いお風呂にいつまでも浸かったりすると、肌の健康を維持するために必要な皮脂までなくなってしまい、あげくに乾燥肌になってしまうので注意が必要です。
便秘症になると、老廃物を出すことが不可能になり、体の中に大量に溜まってしまうため、血液を通して老廃物が体中を駆け巡り、つらい肌荒れを起こす原因となってしまうのです。

一日に摂りたい水分の量はだいたい1.5L〜2Lです。人体は70%以上の部分が水によってできているので、水分が不足しがちになるとあっという間に乾燥肌につながってしまうようです。
肌が肌荒れを起こしてしまったのなら、化粧を施すのを少しやめてみましょう。それと共に敏感肌でも使えるスキンケア化粧品を使って、じっくりケアをして肌荒れをきちんと改善していきましょう。
皮膚の代謝を整えるには、剥がれ落ちずに残った古い角質をしっかり取り除くことが大切です。きれいな肌を目指すためにも、正しい洗顔のテクニックを学習しましょう。
30代を超えるとできやすいとされる「両頬の骨に沿って広がる肝斑」は、平凡なシミとよく誤認されますが、実はアザのひとつということをご存じでしょうか。治療の仕方に関しても異なってくるので、注意してほしいと思います。
ボディソープをセレクトする際に確かめるべき点は、肌への負荷が少ないか否かだと言えます。毎日のお風呂が欠かせない日本人については、それほど肌が汚れたりしませんので、強すぎる洗浄力は必要ないと言えます。
お役立ち情報です⇒ウィキペディア